Home > Base Ball Bear(ベースボールベアー)

「ロックバンド」に関する動画

Base Ball Bear - BREEEEZE GIRL

2009年6月24日発売のBase Ball Bear10thシングル“BREEEEZE GIRL”インディー時代から10代とは思えない音楽性と演奏力で大きな話題となり、2006年4月EMI JAPANよりメジャーデビュー。

2009-06-20| Base Ball Bear(ベースボールベアー)| タグ - , ,

THE BLUE HEARTS - 情熱の薔薇

THE BLUE HEARTSの通算9枚目のシングル。1990年7月25日発売。最初で最後のオリコンシングルチャート1位を獲得した作品であり、『はいすくーる落書2』(TBS)の主題歌。2002年、中外製薬のグロンサン強力内服液のCMソングに起用された。

2009-05-27| The BLUE HEARTS| タグ - , , , , ,

チェッカーズ - 涙のリクエスト

チェッカーズです。動画の画像/音質状態がGOOD!なので、アップです。涙のリクエスト - ギザギザハート・・・この2曲は代表曲です・・・。デビュー当時の映像を交えた動画です。見ごたえ、懐かしさ共に充分です。

2009-04-24| その他(た行)| タグ - ,

BARBEE BOYS - 目を閉じておいでよ

1989年1月1日リリース。
2009年2月13日からデビュー25周年を記念して全国4ヶ所のZeppで全国ツアー「Re:BARBEE BOYS」が行われる予定。資生堂『TRENDY』コマーシャルソング:16.8万枚を売り上げ、バービーボーイズ最大のヒット曲となる

2009-02-05| その他(は行)| タグ -

B’z - 太陽のKomachi Angel

シングルでは初めてオリコンチャート1位を獲得したシングル。
現在も続くB’zのオリコン連続1位獲得記録は、このシングルから始まっている。
この曲で、その年の日本有線大賞「最多リクエスト歌手賞」を受賞した。

2009-02-01| B'z| タグ - ,

JUN SKY WALKER(S) - 歩いていこう

1989年6月21日リリース。
2007年9月に再結成し、テレビ朝日系列にて放送された「アメトーーーーーーク懐かしテレビ&アニメものまね高速ベロSP」に
「華の昭和47年生まれ芸人」でゲスト出演、番組内にてスタジオライブを披露した。

2009-01-25| その他(さ行)| タグ - ,

ZIGGY - GLORIA

ZIGGY最大のヒット曲。元はアルバム「HOT LIPS」発売時にシングルカットされた曲だが、柴門ふみ原作のTVドラマ「同・級・生」の主題歌となり再度シングルカットされ大ヒット(オリコン最高位3位)となりZIGGYの知名度を飛躍的に上げることになる。が、これ以前からのファンに「ZIGGYはロックではない」とそっぽを向かれる事となってしまい、森重をはじめメンバーはこの曲のヒットの影に悩まされ続ける事となった。

2008-12-01| その他(さ行)| タグ - , ,

MONGOL800 - あなたに

MESSAGE アルバムのリード曲的なもの。ライオンのトップのCM曲として使用されていた。また、2008年4月公開の映画「うた魂♪」のラストシーンに合唱曲として編曲されたものが取り上げられ話題となる。

2008-11-24| MONGOL800| タグ - , , , ,

B’z- ultra soul

前作までハードロック系統の曲調が続いていたが、今作では3曲とも打ち込みを重視したポップな曲になっている。
収録曲それぞれの曲間が殆ど無く、全曲が1つの作品としてまとめられている。

2008-09-28| B'z| タグ - , , ,

スピッツ- Cherry

1996年8月5日にTOY’S FACTORYよりリリースされた。
前年から行なわれたツアーの最中に作られた曲。歌詞は地に足をついてテクテク歩いていくというイメージで、新たな旅立ちを表している。これについて草野は、このツアーでたくさんの地方を行き来した経験が大きく影響していると語る。ノンタイアップながら、「ロビンソン」とほぼ同枚数の約161万枚を売り上げた。

2008-08-21| スピッツ| タグ -

スピッツ-空も飛べるはず

前シングル『君が思い出になる前に』のヒット後、ドラマ主題歌(後述の「白線流し」とは別)の依頼を受け、草野がシナリオを読んで2~3日で書き下ろした曲。結果的に主題歌候補からは外れたものの、シングルとして発売された。

2008-08-16| スピッツ| タグ -

エレファントカシマシ- 俺たちの明日

この楽曲は東芝EMIからユニバーサルミュージックへと移籍した際の第一弾シングルである。作詞作曲を手がける宮本浩次が41歳になり、昔や今の友達へ「どうだい?元気かい?がんばろうぜ!」と語りかける内容となっており、レーベル移籍とあわせてエレファントカシマシにとって一つの転機となる作品となっている。

2008-08-15| エレファントカシマシ| タグ - , , ,

The BLUE HEARTS - 人にやさしく

1988年3月21日にメルダックよりCD化されたが、実際には外部の手が加わり音が派手になった「リミックス版」であり、オリジナルの音はインディーズ時代に出したアナログレコード版のみである。

2008-07-18| The BLUE HEARTS| タグ - , , , ,

Mr.Children- しるし

前作『箒星』から約4ヶ月ぶりの発売で、1年間に複数のシングルが発売されるのは2002年以来。
『Q』以来6年ぶりに桜井がジャケットを飾った。シングルでは1998年の『終わりなき旅』以来のことである。そのCDジャケットは胎児をイメージしているものと思われ、「しるし」が主題歌であるドラマ「14才の母」においても、番組宣伝やオープニング等でこの胎児のイメージが使われていた。

2008-07-16| Mr.Children| タグ -

矢沢永吉(キャロル)- ファンキー・モンキー・ベイビー

1972年に矢沢永吉・ジョニー大倉・内海利勝・ユウ岡崎(この頃は別のドラム担当でユウ岡崎氏はデビュー後に参加)らとロックバンドキャロルを結成。矢沢永吉はボーカルおよびベースギターを担当。

2008-07-15| 矢沢 永吉| タグ - , ,

C-C-B- Romanticが止まらない

C-C-Bを代表するシングルとして知られている。
バンド名を「Coconut Boys」から「C-C-B」に変更した後の第一弾シングルとなる。
表題曲はTBS系連続ドラマ「毎度おさわがせします」主題歌に起用された。

2008-07-12| その他(さ行)| タグ - , , ,

COMPLEX- BE MY BABY

アイドルとして活躍していた吉川晃司と、元BOØWYのギタリスト布袋寅泰によるユニットでのシングル。吉川晃司のポップスター性と、布袋の作曲家としての才能が融合し、COMPLEXの初の作品にして代表曲になった。

2008-07-12| その他(か行)| タグ - , , , ,

氣志團- one night carnival

2001年6月22日には大ヒット曲『One Night Carnival』をリリース(ティンスターより)。同年7月1日には、渋谷ON AIR WESTにてワンマン・ギグ“氣志團現象~ハイウェイに乗る前に~”を決行。GIGは大盛況となり、入りきれない関係者からクレームを受ける程となった。

2008-07-12| 氣志團| タグ - , ,

エレファントカシマシ- 今宵の月のように

今宵の月のように(こよいのつきのように)は、エレファントカシマシの15枚目のシングル。この楽曲はテレビドラマ「月の輝く夜だから」の主題歌である。同ドラマのプロデューサーに依頼され、ドラマの内容に沿うよう宮本浩次が作詞・作曲した。

2008-07-11| エレファントカシマシ| タグ -

ウルフルズ- サムライソウル

千葉ロッテマリーンズ、フリオ・ズレータの入場曲(千葉マリンスタジアム)として使用されている。
このシングルのA面曲「サムライソウル」は、トータス松本が当時ハマっていた黒澤明映画における“三船敏郎”を歌った曲であり、ジャケットの歌詞の左端部分を縦に読むと「みふねおしろう(みふねとしろう)」となる。

2008-07-11| ウルフルズ| タグ - ,
Page 10 of 10« First...«678910

音楽動画zooのお気に入り動画!

音楽動画zooのイチ押し動画!

音楽動画クラウド