Home > エレファントカシマシ > エレファントカシマシ - 桜の花、舞い上がる道を

エレファントカシマシ - 桜の花、舞い上がる道を

この楽曲は、2007年9月24日に名古屋ELLで開催されたライブで初披露された。

宮本浩次はこの曲を「一年かけて作り上げた、エレファントカシマシの一つの到達点」と表現し、インタビューでは「この曲で桜戦線に参入したい」、「一年近くかかったけれど、亀田(誠治)さんの所へ持っていったら、生まれて初めて一回でレコーディングが終わった」と語っている。
また山崎洋一郎は「スケジュールの関係上、(2008年1月発売の)『STARTING OVER』には入らなかったが、スケール感の大きい名曲」であると話している。

亀田誠治がサウンドプロデュースを担当している。また近作において編曲、プロデュースを行っていた蔦谷好位置が初めて作曲者としてクレジットされている。
プロモーションビデオは番場秀一が監督を務めている。
(Wikipedia参照)

【エレファントカシマシ - 桜の花、舞い上がる道を】

2008-12-20| エレファントカシマシ| タグ - |
評価 : 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (星をクリックすると評価できます)
関連動画

音楽動画zooのお気に入り動画!

音楽動画zooのイチ押し動画!

音楽動画クラウド