Home > その他(さ行) > 斉藤和義 - 遺伝

斉藤和義 - 遺伝

斉藤和義「遺伝」は、斉藤和義の46枚目のシングル。TVドラマ「下剋上受験」の主題歌。この楽曲は、このドラマの根幹に秘められた「親子間にある無償の愛」をテーマに本人自らが書き下ろした。

2131.jpg/div>

【斉藤和義 - 遺伝】

amazon_link.jpg

▼斉藤和義 データ
斉藤 和義(さいとう かずよし、1966年6月22日 - )は、日本のシンガーソングライター。栃木県下都賀郡壬生町出身。血液型O型。身長181cm。
作新学院高校を卒業。宇都宮にある高校周辺の「オリオン通り」でカレーを食べる青春を送る。このときのことが浜崎貴司との共作につながる。
山梨学院大学を2年で中退。地元に戻っていた21歳の時、友人から「東京で一緒に音楽をやろう!」と誘われたのがキッカケで単身上京。
1992年にTBSのオーディション番組『星期六我家的電視・三宅裕司の天下御免ね!』へ出演(5週勝ち抜き)した後、1993年に「僕の見たビートルズはTVの中」でデビュー。
デビュー当時のキャッチフレーズは、フォークシンガーを思わせる『四畳半じゃ狭すぎる』というものであった。
1994年、3rdシングル『君の顔が好きだ』が、大阪を拠点とするFM802の3月の邦楽ヘビーローテーションに採用され、これをキッカケに関西圏での知名度が上昇する。
1994年、「歩いて帰ろう」がフジテレビ系子供番組『ポンキッキーズ』で使われた。
1995年に同年代の一般女性と結婚。

ウィキペディア(Wikipedia) 参照

2017-02-21| その他(さ行)| タグ - , ,
評価 : 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (星をクリックすると評価できます)
関連動画

音楽動画zooのお気に入り動画!

音楽動画zooのイチ押し動画!

音楽動画クラウド