Home > その他(さ行) > Superfly - 99

Superfly - 99

Superfly「99」は、Superflyの22枚目のシングル。テレビ朝日系ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の主題歌となっている。表題曲は、アッパーでハイテンションな楽曲となっていて、聞いていると元気を貰える。頑張る女性に向けた楽曲。

1242.jpg

【Superfly - 99】

amazon_link.jpg

▼Superfly データ
Superfly(スーパーフライ)は、日本の音楽ユニット。所属レーベルはWARNER MUSIC JAPAN、所属事務所はタイスケ。
ボーカル、多くの楽曲の作詞、一部楽曲の作曲を担当。1984年2月25日生まれ。愛媛県今治市(旧朝倉村)出身。身長153cm。血液型A型。愛媛県立今治北高等学校、松山東雲短期大学秘書科卒。
中学生時代にクラスで行った合唱コンクールにて人前で歌うことの喜びを覚えたのが音楽を始めるきっかけとなった。音楽を始めるようになったのは高校3年生の時で、この時初めて結成したバンドでボーカルを務めた。それまではポップスを主に聴いていたが、大学時代に多保から薦められたジャニス・ジョプリンの「Move Over」をきっかけにロックに傾倒したという。以降、影響を受けたアーティストや目標としているアーティストとして、ジャニス・ジョプリンの他に、キャロル・キング、マリア・マルダー、ミック・ジャガー、シェリル・クロウなどを挙げている。
身長153cmと小柄で華奢な体型ながら、パワフルで声量のある歌声が最大の特徴である。
ライブなどではボーカルだけでなくギターやピアノ、ブルースハープ、タンバリン、カウベル、ティンパニ等も演奏する。
愛用しているギターは、アコギが1965年製のギブソン製LG-1、エレキがダンエレクトロ製59-DC。前者はライブで「愛をこめて花束を」「1969」を披露する際や「Different Ways」のレコーディングに、後者は「Hi-Five」のビデオ・クリップおよび「How Do I Survive?」のジャケットやビデオ・クリップおよびレコーディングに使用している。2008年途中から、ライブで使用するギターがLG-1ではなくなっている。ブレーシングの形状からLG-2もしくはB-25かと思われる。

ウィキペディア(Wikipedia) 参照

2016-12-09| その他(さ行)| タグ - , ,
評価 : 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (星をクリックすると評価できます)
関連動画

音楽動画zooのお気に入り動画!

音楽動画zooのイチ押し動画!

音楽動画クラウド