Home > その他(さ行) > JUJU - believe believe

JUJU - believe believe

UJU「believe believe」は、JUJUの33枚目のシングル「believe believe/あなた以外誰も愛せない」に収録されている楽曲。日本テレビ系ドラマ「レンタル救世主」の主題歌となっている。MVでは、ドラマに主演している俳優の沢村一樹と息の合った“ビリビリダンス”を披露。

1201.jpg

【JUJU - believe believe】

amazon_link.jpg

▼JUJU データ
JUJU(ジュジュ、1976年2月14日 - )は、日本の歌手。広島県庄原市出身。ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ所属。身長166cm。
12歳でジャズシンガーを目指し、京都府で過ごした学生時代に、DJなどの音楽活動を始める。広島県立庄原格致高等学校在学中の18歳の時に観光で訪れたニューヨークを好きになり、半年後に単身渡米。ニューヨークで出会った作家のE-3やDJ HIROnycらと作り始めた音楽作品が、日本で評判を呼び始め、デビュー前に映画『凶気の桜』の主題歌制作に協力した。しかし、その後は順風満帆とはいかず、2004年発売のメジャーデビューシングル、2ndシングルともにセールスが振るわなかったため、以降の2年間は全てパッケージ作品のリリースを凍結する。後にこの2年間を「出し続けて消費されるのが嫌だったんですね。アマチュアの世界ではうまい人が偉いけど、プロの世界では売れている人が偉い。じゃあ売れる音楽ってなんだろうって、ずっと模索し続けた2年間だった」と振り返っている。
模索を続け最後のメジャーリリースかも知れない、と思い、2006年11月にリリースした「奇跡を望むなら…」が話題を集める。USEN総合チャートに22週連続チャートインを記録し、2007年USEN年間総合チャート1位を記録するヒットとなった。
2008年4月から、12ヶ月連続のカヴァーライブ「ジュジュ苑」を開催する。同年10月10日、ニューヨークで凱旋ライブ「JUJU苑 in NY」を行った、また日本記念日協会は10月10日を「JUJUの日」として2007年に正式認定している。
2009年、シングル「明日がくるなら」が映画『余命1ヶ月の花嫁』の主題歌に起用され、2009年、年間配信チャート1位を記録、配信累計300万ダウンロードを突破した。

ウィキペディア(Wikipedia) 参照

2016-12-07| その他(さ行)| タグ - , ,
評価 : 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (星をクリックすると評価できます)
関連動画

音楽動画zooのお気に入り動画!

音楽動画zooのイチ押し動画!

音楽動画クラウド