Home > 加藤ミリヤ > 加藤ミリヤ - 幻

加藤ミリヤ - 幻

加藤ミリヤ「幻」は、加藤ミリヤの24枚目のシングル「最高なしあわせ」に収録されている楽曲。「幻」のMVでは、終わってしまった愛を振り返りながら思い出に浸る様子でギターを奏でている。

1041.jpg

【加藤ミリヤ - 幻】

amazon_link.jpg

▼加藤ミリヤ データ
加藤 ミリヤ(かとう ミリヤ、1988年6月22日 - )は、日本の女性シンガーソングライター、ファッションデザイナー、小説家。愛知県豊田市出身。所属レーベルはMASTERSIX FOUNDATION、所属事務所はYARD。
R&Bやヒップホップなどを融合したスタイルを好み、本人はR&B、ヒップホップをベースに「コア過ぎずポップ過ぎず、その中間地点」にうまく着地点を見つけたと述べている。
楽曲の特徴としては、しばしば「サンプリング」という手法を使うことが挙げられる。しかし、サンプリング楽曲のみで構成された2008年発売のベスト・アルバム『BEST DESTINY』で、そのスタイルをいったん封印した。また、海外のヒット・チャートを「4つ打ち」の楽曲が席巻し始めた2007年には、13thシングル「SAYONARAベイベー」で、国内でも4つ打ちでのヒット・フォーマットを作り出すことに成功した。すると今度は4つ打ちのイメージが強くなり、それを払拭しようとして18thシングル「勇者たち」を作った。
以上のように、同じイメージが継続することを嫌う。そして良いメロディと歌詞さえ書けたら、それはどんなトラックにのせて歌っても構わないし制約は設けたくないと考えているので、その時々で「ハウスをやりたい」、「ヒップホップをやりたい」、「ロックをやりたい」という直感にただ従っている。
ダンスは「感情表現の一つ」だと思っている。
影響を受けたアーティストは安室奈美恵、ローリン・ヒル、メアリー・J・ブライジ。中学一年のときに試聴機で聴いたメアリー・J・ブライジに衝撃を受け、R&Bやヒップホップの面白さに気付いた。そしてブラック・ミュージックを掘り下げて聴くようになり、母に買ってもらったターンテーブルにも触るようになった。そして自分の目指すべきサウンドを知った。
歌詞の面で影響を受けたのはCocco、宇多田ヒカル、aiko、椎名林檎、浜崎あゆみなどの1998年前後にデビューした女性歌手たち。特に浜崎あゆみについては、時代のアイコンとして、皆が抱えている孤独を初めて代弁してくれた感覚があったという。

ウィキペディア(Wikipedia) 参照

2016-11-18| 加藤ミリヤ| タグ - , ,
評価 : 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (星をクリックすると評価できます)
関連動画

音楽動画zooのお気に入り動画!

音楽動画zooのイチ押し動画!

音楽動画クラウド