Home > 松浦亜弥 > 松浦亜弥 - 道化師のソネット

松浦亜弥 - 道化師のソネット

「道化師のソネット」(どうけしのソネット)は、シンガーソングライター・さだまさしが

1980年2月25日にリリースしたシングル曲。「雨やどり」、「関白宣言」、「親父の

一番長い日」などとともに、さだの代表作のひとつとされている。

mzoo_141_666.jpg
mzoo_141_654.jpg

【松浦亜弥 - 道化師のソネット】

【さだまさし - 道化師のソネット】

■道化師のソネット : データ

さだまさし自身が主演・音楽監督を務めた映画『翔べイカロスの翼』の主題歌。また、2008年4月からのゆうちょCMソングとしても用いられている。
映画『翔べイカロスの翼』は、ピエロとして子どもに夢を与えようと努力しながら、興行中に不慮の事故で死亡してしまった青年の実話(草鹿宏著作のノンフィクションをもとに制作)を基にしている。さだは前年の「関白宣言」の大ヒットにより多忙な日々を送っていたが、その中でロケをこなし、音楽も制作した。音楽を制作したときには大阪のホテルで午後8時から台本を置いて、作品を収録したビデオテープを見ながら4~5時間かけて順に曲を付けていき、最後に主人公の青年が死去するシーンになった。そのシーンの後には青年が死んだことを知らない[1]子どもの台詞が入り、台本には「主題歌」と書かれていた。さだは即興でサビの「笑ってよ君のために~」という歌詩とメロディを同時に思いつき、そこから曲を書き上げたという。シングルのテイクは劇中使用の音源とは異なり、2番の歌詞が一部追加されている。なお、映画『翔べイカロスの翼』はインディーズ作品だったためにヒットというわけにはいかず、長年ビデオ化などもされていなかったが、2012年10月にDVD化された。

amazon_link.jpg

■松浦亜弥 : データ

(まつうら あや、1986年6月25日)は、日本のアイドル、歌手、女優、タレント。愛称は、あやや。兵庫県姫路市出身。アップフロントクリエイト所属。元ハロー!プロジェクトの一員。血液型はB型。身長157cm。夫はw-inds.の橘慶太。

愛称は「あやや」。デビュー当時にテレビ東京の音楽番組『MUSIX!』にて飯田圭織が命名したものであり、モーニング娘。の曲「恋のダンスサイト」の一節「アイヤイヤー」が「あやや」と聞こえることに由来する。「AYAYA」(呼称アヤヤ)が株式会社アップフロントグループの商標として2006年3月24日出願、2006年10月13日に登録済みである(出願番号:商願2006-26123 登録番号:第4995372号)。臺灣など中国語圏では早安甜心と呼ばれる。
年齢詐称疑惑が絶えなかったが、元西武の藤原虹気投手は中学の同級生で「バレンタインに義理チョコをもらった」と証言したことで疑惑が晴れた。コンサートやイベントのMCで自らこの噂をネタにしたこともある。
石橋貴明、中居正広、はしのえみ、ミラクルひかる、加護亜依(ハロプロ在籍当時)、前田健、はるな愛、江頭2:50らによって物真似されることが多い。その際、「たやや」(石橋貴明)、「マヤヤ」(中居正広)、「えがが」(江頭2:50)等と、愛称も真似られる事が多い。
近眼でコンタクトレンズを使用していたが、2007年にレーシック手術を受けた[18]。
好きなアイドルグループは光GENJIとSPEEDで、松浦が初めて好きになったのが光GENJIであり、芸能界に入りたいと思ったきっかけはSPEEDに影響されたからである。

ウィキペディア(Wikipedia) 参照
2015-03-10| 松浦亜弥| タグ - , , ,
評価 : 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (星をクリックすると評価できます)
関連動画

音楽動画zooのお気に入り動画!

音楽動画zooのイチ押し動画!

音楽動画クラウド