Home > コブクロ > コブクロ - 陽だまりの道

コブクロ - 陽だまりの道

2014年6月4日発売、コブクロの25枚目のシングル

関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「ブラック・プレジデント」主題歌。生を旅に例えて、そこに

伸びる道を歩く毎日の中で、大切なものとは何か?というテーマで描いた楽曲。

mzoo_141_331.jpg

【コブクロ - 陽だまりの道】

amazon_link.jpg

●コブクロ :データ

黒田俊介と小渕健太郎の2人から成る日本のフォークデュオ。2001年3月22日にデビュー。レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。所属事務所はミノスケオフィスコブクロであるが、研音と業務提携している。

1998年5月、サニックスのセールスマンとして勤務する傍ら、毎週土曜日に単独で路上ライブをしていた小渕と、ストリートミュージシャンをしていた黒田が、堺市の堺東銀座通り商店街で出会い意気投合。 同年9月、小渕が黒田に楽曲を提供することになったが、黒田のギター演奏が未熟だったこともあり、小渕がギターを弾きコーラスをつけるサポートをした。このスタイルに相性のよさを感じた黒田は小渕に「一緒に組もう」とユニット結成を持ちかける。小渕はこれを「できちゃった結成」であると『森田一義アワー笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」出演時に話している。この結成エピソードで語られている曲(路上で披露したと曲)が後の代表曲となる『桜』である。なお、『桜』を路上で披露した際に観客から「誰の歌ですか?」と問われた小渕は、オリジナル曲というのが恥ずかしくてとっさに「ミスチルのインディーズの曲です。」と答えてしまった(後に本人に謝罪済み)。

ウィキペディア(Wikipedia) 参照

amazon_link.jpg
2014-05-28| コブクロ| タグ - , , ,
評価 : 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (星をクリックすると評価できます)
関連動画

音楽動画zooのお気に入り動画!

音楽動画zooのイチ押し動画!

音楽動画クラウド