Home > KOH+ | 福山雅治 > KOH+(福山雅治 柴咲コウ) - 最愛

KOH+(福山雅治 柴咲コウ) - 最愛

テレビドラマ『ガリレオ』の劇場版『容疑者Xの献身』(2008年10月4日公開)

の主題歌。同ドラマの主題歌を担当した柴咲コウと福山雅治の

コラボレーション・ユニットであるKOH+が約1年振りに活動を再開することとなった。

前作から一変して、大人の愛を描いたバラードナンバーに仕上がっている。

前作のTV出演は連続ドラマを放送したフジテレビのみであったが、

今回は映画の主題歌であるため、各局の音楽番組などに出演した。
(Wikipedia参照)

【KOH+(福山雅治 柴咲コウ) - 最愛】

柴咲コウ/データ
デビューは1998年に放送された番宣番組『倶楽部6』(TBS)。1999年放送の日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン)の「ポンズ・ダブルホワイト」の「ファンデーションは使ってません」という台詞のCMでブレイク。以後は映画『バトル・ロワイアル』や『GO』での演技が評価され、数々のテレビドラマや映画に出演した。特に『GO』での演技は高く評価され、日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞、キネマ旬報ベスト・テン 最優秀助演女優賞をはじめ、その年の映画賞を総なめにし、女優としての地位を確立した。
主な出演映画代表作は、『バトル・ロワイアル』(2000年)、『GO』(2001年)、『黄泉がえり』(2003年)、『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)、『メゾン・ド・ヒミコ』(2005年)、『日本沈没』『県庁の星』(2006年)、『どろろ』(2007年)など。2008年には、主演作『少林少女』、福山雅治とダブル主演の『容疑者Xの献身』が公開。2010年には人気小説を映画化した『食堂かたつむり』で主演を務めた。
主な出演ドラマ代表作は『GOOD LUCK!!』(2003年)、『オレンジデイズ』(2004年)、『Dr.コトー診療所』(2003年・2004年・2006年)など。いずれも高視聴率を記録した。特に『GOOD LUCK!!』は最高視聴率37%を記録し、柴咲の影響で整備士を志願する女性が急増した。2007年に放映された『ガリレオ』も大ヒットし、映画化もされた。2010年にはフジテレビ開局50周年記念作品のラストである三谷幸喜脚本の『わが家の歴史』で主演を務めた。
また気の強い役が多く、両親を亡くしているという設定が多い(『GOOD LUCK!!』、『日本沈没』、『どろろ』など)。

【福山雅治- 最愛/PV】

2008-10-12| KOH+ | 福山雅治| タグ - , ,
評価 : 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (星をクリックすると評価できます)
関連動画

音楽動画zooのお気に入り動画!

音楽動画zooのイチ押し動画!

音楽動画クラウド