Home > その他(か行) > 来生たかお - 夢の途中

来生たかお - 夢の途中

『夢の途中』(ゆめのとちゅう)は、1981年にリリースされた来生たかおの

7枚目のオリジナルアルバムである。

【来生たかお - 夢の途中】

【薬師丸ひろ子 セーラー服と機関銃】

■来生たかお:データ

(きすぎ たかお、1950年11月16日(59歳) – )は日本のシンガーソングライター・作曲家である。本名は来生孝夫(読みは同じ)。

「セーラー服と機関銃」(1981年11月21日リリース)は、リリースの前から予約が殺到し、たちまちオリコンで第1位を獲得した。一方、同年11月10日に先駆けてリリースされた「夢の途中」は、当初オリコンで第200位前後だったが、「セーラー服と機関銃」の影響もあってかランキングを上昇し続け、翌年3月には最高第4位、有線では第1位を獲得、来生の最大のヒット曲となった。ちなみに、同曲のB面に収録された「あたりまえの虹」(作曲:来生たかお)を作詞した小椋佳にもA面同様多大な印税収入が舞い込み、この思いがけない出来事を来生の恩として“あれは嬉しかった”と回顧している。

■薬師丸ひろ子:データ

(やくしまる ひろこ、1964年6月9日 - )は、東京都港区北青山出身の女優、歌手。本名は薬師丸博子(読み方は芸名に同じ)。東京都立八潮高等学校、玉川大学文学部英米文学科卒業。身長155 cm。1978年、角川映画『野性の証明』のヒロイン「長井頼子」役オーディションに合格、高倉健と共演。TVCMなどで流された「お父さん怖いよ」のセリフが話題になる。
以後、『ねらわれた学園』『セーラー服と機関銃』『探偵物語』『翔んだカップル(東宝映画)』などに出演。原田知世、渡辺典子と共に「角川三人娘」と呼ばれ、1980年代の角川映画の看板女優として活躍。「お父さん怖いよ」「カイカン」「顔はぶたないで。私、女優なんだから」など多くの流行語も生み出すなど話題になった。

ウィキペディア(Wikipedia) 参照

2010-09-11| その他(か行)| タグ - , , , ,
評価 : 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (星をクリックすると評価できます)
関連動画

音楽動画zooのお気に入り動画!

音楽動画zooのイチ押し動画!

音楽動画クラウド