Home > ピンクレディー :Pink Lady > ピンクレディー Pink Lady - サウスポー

ピンクレディー Pink Lady - サウスポー

1978年3月にリリースされた7枚目のシングルである。

ピンク・レディーの代表曲のひとつである。

売上枚数は約146万枚 (オリコン)、180万枚(ビクター)。

当時まだ珍しかった「オリコン初登場1位」を達成。

歌詞中には同時代のスターであった王貞治をイメージした

打者が登場する。また、高校野球の応援歌では、

現在も山本リンダの「狙いうち」等と共に定番の曲である。

初版プレス枚数は60万枚を超えた。

この曲では8週連続オリコンチャート1位の座を獲得した。

【ピンクレディー Pink Lady - サウスポー】

■ピンク・レディー : データ

ピンク・レディー(Pink Lady)は、1970年代後半に活躍したデュオのアイドル。ミー(現:未唯mie、本名:根本美鶴代、1958年3月9日、A型、静岡県静岡市葵区出身)とケイ(現:増田恵子、本名:桑木啓子(旧姓:増田)、1957年9月2日、O型、静岡県静岡市葵区出身)の2人組。多くの楽曲を阿久悠(作詞)・都倉俊一(作曲)のコンビが手がけた

解散後はそれぞれ女優やタレントとしてソロ活動。ピンク・レディーとしては、2005年までは期間限定ながら数度、再結成して活動。二人でテレビ出演する際の衣装は、増田がピンク、未唯mieはブルーで登場することが多い。これは、現役の頃から今までも増田がピンクが大好きだということの表れである。
2010年、解散宣言からちょうど30年後の9月1日に「解散やめ!」を宣言、ピンク・レディーとしての活動を再開しソロ活動と並行して継続することを表明。2011年5月から本格的な再始動として全国ツアー、ピンク・レディー Concert Tour 2011 “INNOVATION” を開催。

ウィキペディア(Wikipedia) 参照
hidari.jpg
2009-04-30| ピンクレディー :Pink Lady| タグ - ,
評価 : 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (星をクリックすると評価できます)
関連動画

音楽動画zooのお気に入り動画!

音楽動画zooのイチ押し動画!

音楽動画クラウド