Home > 安室奈美恵 > 安室奈美恵 - SWEET 19 BLUES

安室奈美恵 - SWEET 19 BLUES

1996年7月22日にエイベックスよりリリースされた。

東芝EMIからリリースされた1stアルバム「DANCE TRACKS VOL.1」

に続く2ndアルバム。エイベックスに移籍後、

小室哲哉がプロデュース担当してから初のアルバム作品。

アルバム制作にはその他、お馴染みの前田たかひろや久保こーじ、

m.c.A・T(富樫明生)も参加した。

【安室奈美恵 - SWEET 19 BLUES 】


「SWEET 19 BLUES」「…soon nineteen」のタイトル通り、当時もうすぐ19歳ということで、これに因んで19曲収録された。
ジャネット・ジャクソンが好きという安室の音楽の好みを尊重したブラックミュージック色の濃いアルバムに仕上がった。楽曲の間に短いインタールードを挟む構成はジャネットの作品(「Rhythm Nation 1814」・「janet.」等)に倣ったものである。

「Don’t wanna cry」カップリング曲の「present」は、アルバムではセリフなしで新たに書き直された歌詞で収録された。作詞者の前田たかひろ曰く、シングルカップリング曲の続編というべきものがアルバム曲「present 2」。

当時の安室人気は社会現象になっており、安室のヘアスタイル・メイク・ファッションなどを真似する女性を“アムラー”と呼び、この年の流行語にもなった。ちなみにアムラーをベースに、カハラーや、ハマダー、ナオラーなどの呼称も出現した。

ウィキペディア(Wikipedia) 参照
sweet-19-blues.jpg

【PR】 it-to.jp(イット!)で多様なコンテンツが満載のお役立ち情報サイト
2008-07-09| 安室奈美恵| タグ - , ,
評価 : 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (星をクリックすると評価できます)
関連動画

音楽動画zooのお気に入り動画!

音楽動画zooのイチ押し動画!

音楽動画クラウド